Home » 総合資産管理 » 保険 » 相続税対策の提案に 生命保険と生前贈与の関係を理解

相続税対策の提案に 生命保険と生前贈与の関係を理解


FavoriteLoading保存する

calculator-385506_640 (1)

 生前贈与と生命保険を利用することで、大きな利益率を生むことを実際の数値も入れて述べさせて頂きました。また贈与に対する、税務署への説明のため、銀行間取引で決済することや、贈与契約書を作成することを注意喚起致しました。

生命保険と贈与税の関係

 贈与税は相続税よりも税負担が重く設定されえおります。単純に考えて、相続税逃れのために財産をすべて生前に贈与するという行動を防ぐためです。相続・贈与税に対する節税対策として度々言われるのが、計画的に基礎控除額を贈与していくという方法です。生命保険商品を絡ませることで、さらにメリットのでるスキームについてご紹介させて頂きたいと思います。

 贈与税と生命保険というと、生命保険はみなし贈与財産に該当し、保険事故や支払満期のタイミングで受け取った場合に、課税対象に見なされる商品として考えられる方も多いかと思います。また、贈与税は累進度合が高いので、まとまった額を一度に贈与することはできないため基礎控除額ベースに運用することとなり少額での贈与を長く行わなければならないといった、悪い組み合わせを想像される方もいるかと思います。しかし、生命保険の特徴と贈与を組み合わせることで、相続税と比較した時、非常にメリットのあるスキームを組むことができます。

生命保険による節税対策の方法

*ここから先は会員専用となります*

ZUU Advisors Supportにアクセスいただき、ありがとうございます。
誠に申し訳ございませんが、コンテンツをご覧頂くには会員登録が必要です。

会員の方は下記[会員の方へ]よりログインください。
会員でない方は下記[新規会員登録]から登録ください。 ※ご登録は無料です。

ログイン
 ログイン状態を保持する  
新規ユーザー登録
*必須項目

This post is password protected. Enter the password to view any comments.