Home » 今日の1冊 » 【今日の一冊】論語物語

【今日の一冊】論語物語


FavoriteLoading保存する

jin

本書の紹介

 湖人は生涯をかけて『論語』に学んだ。二千年以上も経た『論語』の章句を自由自在に使って、『論語』で養われた自分の思想を物語に構成したものが本書で、『論語』の精神を後世に伝えたい一念が結晶している。孔子と弟子たちが古い衣をぬぎすて、現代に躍り出す。その光景がみずみずしい現代語でたんねんに描かれている。孔子はすぐれた教育者であった。教育乱脈の今日の日本にとって、本書は万人必読の書である。(永杉喜輔氏「まえがき」より)

本書の特徴

 目上の人とどう付き合うべきか。リーダーとしてどう振る舞うべきか、どうしたら人として尊敬されるか、そういった現代と全く変わらない悩みに対して、孔子が逐一こたえる、それが「論語」です。3000年生き残っているだけあり、内容は究極に普遍的な事を言っていますので、一読しておいて損はないと思います。ただ、論語の原書は読みにくく、今ひとつグッと来ないため、私も敬遠していました。ところが日本の儒教の研究者である下村湖人氏が、論語を現代文でわかりやすく、かつだれにでも読みやすいように物語としてくれている本があります。それが「論語物語」です。中学校の教材として利用されたこともあるくらい、平易な文体で書かれていますので、読むのがある程度早い人なら読破に1日もかかりません。この本一冊で「論語」のエッセンスを全て理解できます。

今も語り継がれる「論語」

 孔子の言葉は現代においてもなお、重みを持っています。しかし、弟子によってまとめられた論語はその話の文脈がつかみにくいものも多く、「言っていることは正しいと思うが…」と抽象的な印象がぬぐえない方もいると思いますが、本書に出てくる人物はみな、人間くさいです。特に、他者と自分を比較し、自己にとらわれがちな子貢の話は身につまされるものがあります。そんな子貢が他の門人からは華やかで弁舌に優れているとされています。大ざっぱでどこか短絡的な子路もまた勇猛と評されています。そんな二人が孔子から見ればまだまだ徳には遠いと映っているのもリアルです。

自己啓発の原点

 頁をめくりながら、なぜいまのいままでこれを読まなかったのかと悔いるほどに、心に沁み渡る素晴らしい一冊となっています。本書は著者下村湖人がまえがきに書く通り、著者が描いた論語の世界を物語帳に再構築したものであります。二千数百年前の中国を知る人の目から見たら、あきたらない節々が多分にあるかもしれません。著者は、しかし、いちいちそれらのことに意を介しない。著者はただ「心」を描けばよかったのです。論語を読む真似をするのではなく、素直に『論語物語』を読む。そして、巷に溢れる多くの自己啓発書を通しては触れることのできなかった読み手自身の心の奥に触れる。読み終え、弛まない自己研鑽を自身に約する。ひとつひとつの物語を朝に読み、心静かに力強く自身と向き合える一冊です。

 

*ここから先は会員専用となります*

ZUU Advisors Supportにアクセスいただき、ありがとうございます。
誠に申し訳ございませんが、コンテンツをご覧頂くには会員登録が必要です。

会員の方は下記[会員の方へ]よりログインください。
会員でない方は下記[新規会員登録]から登録ください。 ※ご登録は無料です。

ログイン
 ログイン状態を保持する  
新規ユーザー登録
*必須項目

This post is password protected. Enter the password to view any comments.