Home » 総合資産管理 » 保険 » 3大オーナーの生命保険と税金について

3大オーナーの生命保険と税金について


FavoriteLoading保存する

insurance

 そもそも論ですが、保険というものは不思議な金融商品です。国は生命保険に対して他の金融商品と違い、税制面など様々な優遇制度を設けています。それはどうしてなのでしょうか?

保険という金融商品の特殊性

 まず、冒頭の問いへの答ですが。戦後、生命保険を普及させる(生命保険会社の救済)措置が理由の一つだと言われています。しかし、現在では日本国民の90%が何らかの生命保険に加入しているという現状において、普及ということでは理由がなりたちません。実際は以下のようなことだと思います。家庭の屋台骨である世帯主を失った場合、遺族は公的な年金制度によりある程度の保障は受けることができます。しかし、そういった国の社会保障制度で全てを補うことには限界があります。

 一般的に、世帯主が生命保険に加入していなければ、遺族は生活水準を低下させ無ければならないでしょう。また、子供の教育費の捻出もままならなくなります。そして、死亡とまでいかなくとも病気やケガの際にすべてを公的な健康保険で補うということも、同じようなことが言えます。それは国家としても宜しくはありません。しかし、とはいえ上記のような事柄を解消しようとすれば、莫大な国家予算を必要とします。そういったことを回避するには、民間の保険会社に頼らざるを得ないことになります。こういったことが、国の生命保険優遇の理由となっているのではないでしょうか。

保険の大きな優遇措置、税金

*ここから先は会員専用となります*

ZUU Advisors Supportにアクセスいただき、ありがとうございます。
誠に申し訳ございませんが、コンテンツをご覧頂くには会員登録が必要です。

会員の方は下記[会員の方へ]よりログインください。
会員でない方は下記[新規会員登録]から登録ください。 ※ご登録は無料です。

ログイン
 ログイン状態を保持する  
新規ユーザー登録
*必須項目

This post is password protected. Enter the password to view any comments.